話題の芸能ニュース速報

最新芸能ニュース ピックアップ

新垣結衣が言い寄る綾野剛をブッタ斬り

同じ事務所に所属する能年玲奈が「あまちゃん」で大躍進。今秋スタートのドラマ「リーガル ハイ」に出演する新垣結衣としては、先輩として負けられないところだ。ところが、男関係では早くも格の違いを見せつけていたという。芸能関係者が語る。

「新垣が口説かれた相手は、4月放送のドラマ『空飛ぶ広報室』(TBS)で共演した綾野剛です」

綾野と言えば、「あまちゃん」で能年と共演した橋本愛と、8月に渋谷カフェでのデートが報じられたのだが、現在は破局しているという。

この記事の続きを読む

藤井フミヤ チェッカーズ再結成できぬ理由語る

9月21日、藤井フミヤ(51)がデビュー30周年記念ツアー『青春』をパシフィコ横浜でスタートさせた。

1983年9月21日にチェッカーズのリードボーカルとして『ギザギザハートの子守唄』でデビューしたフミヤ(当時は郁弥)。翌年1月発売の『涙のリクエスト』が大ヒットし、一躍トップアイドルとなった。

チェッカーズは、1992年に解散するまで、シングル全てがオリコントップ10入りするという超人気グループだった。

この記事の続きを読む

女子アナ定年早いテレ朝 竹内由恵アナも一気にフリー転向説

絶好調のテレ朝で「エース」の呼び声高いのが竹内由恵アナ(27)だ。『ミュージックステーション』でタモリをサポート、ロンドン五輪や世界水泳でもフル回転した今が旬の女子アナだが「最近どうも元気がない」(テレ朝社員)と局内で噂されている。

それは本誌スクープとも無縁ではないだろう。

本誌は竹内アナがスポーツ局の上司で既婚者のS氏(40)とともに、六本木の人気スパで“個室マッサージデート”をしていたという情報を掲載した。

この記事の続きを読む

桜田淳子 謝罪会見無しの復帰に大ブーイング

芸能界追放の身同然だった桜田淳子(55)が、11月26日に東京・銀座博品館劇場で一夜限定イベント『桜田淳子Thanks40スペシャル〜ファン感謝DAY』を開催。事実上の芸能界復帰を果たす。

山口百恵、森昌子と“花の中3トリオ”として、'70〜'80年代にかけて活躍した桜田は、その後、舞台女優として脚光を浴びたが、“霊感商法”で被害者が続出し社会問題にまで発展した統一教会の熱心な信者になった。

'92年8月には、所属していたサンミュージックの故・相澤秀禎会長の反対を押し切り“合同結婚式”に参加した上、広告塔にまでなったため、相澤会長は断腸の思いで桜田の芸能活動を休止させた。

この記事の続きを読む

加護亜依、AVデビューの噂に「あるわけないやろ あほ!」とTwitterで激怒

元モーニング娘の加護亜依ちゃんが、インターネットコミュニケーションサービスTwitterでブチギレして話題となっている。穏便でやさしそうな加護ちゃんがキレるとは……。いったい何があったのか?

加護ちゃんは、人気ニュースサイト『日刊サイゾー』の「トラブルでネガティブ発言連発の加護ちゃんにAVデビューのウワサも」という記事に対して怒ったようである。

一般Twitterユーザーが加護ちゃんにその記事を教えたところ、「あるわけないやろ あほ!」とブチギレしたのである。

この記事の続きを読む

ジャニーズ2020本格始動!Jr.200人舞台出演

舞台「ジャニーズ2020(トニトニ)ワールド」の製作発表会見が28日、都内で行われ、総合演出のジャニー喜多川氏が2020年の東京五輪を見すえて結成するユニット「2020(トゥエンティ・トゥエンティ)」の本格始動を宣言した。

ジャニー氏のギネス認定作品として、昨年「Hey! Say! JUMP」主演で初演された同作は、タイトルも新たに「Sexy Zone」から佐藤勝利(16)、中島健人(19)、菊池風磨(18)の3人に「A.B.C―Z」を加えた8人が座長のバトンを譲り受けた。

この記事の続きを読む

福山雅治の「そして父になる」ハリウッドでリメーク決定

第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した映画「そして父になる」が28日に封切り初日を迎え、都内の映画館で初日舞台あいさつが行われ、主演の福山雅治(44)ら出演者が登壇。

電話出演した是枝裕和監督(51)からハリウッドでリメークされることが正式発表された。

滞在中の米ロサンゼルスから舞台あいさつの会場へとつながれた電話で、是枝監督は「急きょ、決まったんですが、ドリームワークスとのリメーク契約が成立しました。何社か手を挙げていただいたんですが、最終的にドリームワークスと契約して、今日行ってきました」とスティーブン・スピルバーグ監督の制作会社「ドリームワークス」でのリメークが正式に決まったことを報告した。

この記事の続きを読む

「半沢」熱演で好評も…歌舞伎界から「倍返し」を食らう香川照之

最終回で42.2%の高視聴率を叩き出したドラマ「半沢直樹」(TBS)。その立役者の一人が、主人公・半沢の宿敵である大和田常務を演じた香川照之(47)だ。

多彩な“顔芸”で視聴率に貢献。現在は次のドラマの撮影の真っ最中である。

ところで気になるのは、香川が市川中車として出演している歌舞伎だ。現代ドラマに出ずっぱりで、ほとんど舞台に出演しない香川に対して、「心配なのは息子の行く末だけ。誰も中車が本気で歌舞伎に取り組むとは思っていませんよ」(歌舞伎関係者)と、冷ややかな視線が注がれ続けているのである。

この記事の続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。