「ハクバノ王子サマ」主演女優は女優だった! - 話題の芸能ニュース速報

最新芸能ニュース ピックアップ

「ハクバノ王子サマ」主演女優は女優だった!

第1話の放送まで秘密にされていた日本テレビの連続ドラマ「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」(木曜後11・59)の主演女優が優香(33)だったことが3日深夜のオンエアで明らかになった。

朔ユキ蔵さんの人気漫画を原作に、現代女性の心情をリアルに描く大人のラブストーリー。

優香は独身・彼氏なしの32歳、女子高教師・原多香子を演じる。第1話はヒロインが恋に傷つき、孤独な毎日を送る中、7歳年下の新任教師・小津晃太郎(三浦貴大)が赴任してくる。

今回の“異例の戦略”について、制作の大阪・読売テレビはF2層(35〜49歳の女性)F3層(50歳以上の女性)の視聴者が多いことに着目。「主演の顔を隠し、イメージを固定化しないことにより、自分や、かつての自分を重ねて見てくれるドラマにしたい」と企画意図を説明。「視聴者自身がヒロインになって見ていただきたい」と話している。

“ヒロイン隠し”も徹底した。駅などに掲示されたポスターは、優香の顔がハート形の「マル秘印」で覆われた。テレビ欄に名前は当然、出ず。第1話紹介の「試写記事」も名前を出さないことが条件になった。

3日は「PON!」「情報ライブ ミヤネ屋」と三浦が番宣のため“電波ジャック”したが、優香はなし。番宣のためのバラエティー番組出演も、スタジオに観客が入っているものは断った。

晴れてお披露目となった優香は「恋愛モノをあまりやったことがないので、私も一緒にドキドキしながら撮影しています。見ている皆さんも是非一緒にキュンキュンしてください!」とアピールしている。


http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20131003_0112

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。